ソウル-CESで2022、ラスベガスで毎年開催される見本市、韓国に拠点を置くITサービス管理会社であるロッテデータコミュニケーションは、ユーザーが現実的な体験をすることを可能にするメタバースプラットフォームを紹介します。

このプラットフォームは、ロッテ情報通信の子会社であるCaliverseによって開発されました。このプラットフォームは、ユーザーとの双方向通信を可能にするバーチャルリアリティコンテンツを作成します。 タッチ、視線、音声に対応するディープインタラクティブテクノロジーをベースに、VRドラマ、コンサート、プロモーションビデオを制作しています。

ヘッドマウントを装着することでディスプレイデバイスを使用すると、訪問者は映画館や家電店など、さまざまな現実世界のような場所を体験できます。 アバターを使用して、訪問者はさまざまな服を試着したり、さまざまな角度から家電製品を検査したりできます。 訪問者が製品を選択すると、デジタルヒューマンがアイテムを着用し、360度回転して、あらゆる方向に接近検査するのを見ることができます。

「今年のCESは、ロッテ情報通信とキャリバーが国内市場を超えてグローバルなメタバース企業になるための出発点となるでしょう」とロッテ情報通信のCEO、ノ・ジュンヒョンは次のように述べています。 1月3日の声明。

メタバースは、PCまたはVRヘッドセットを介してアクセスでき、ユーザーがさまざまなソーシャルに参加できるようにするシミュレートされた仮想世界プラットフォームです。身体的な制限のない文化活動。 Caliverseは、ショッピングモールに実際の商品のように精巧に展示された商品を表示する、より現実的なメタバースプラットフォームの実装を目指しています。

©Aju Business Daily&www.ajunews.com著作権:このサイトのすべての資料は、Aju Newsの許可なしに複製、配布、送信、表示、公開、または放送することはできません。 Corporation。