5-のメタバースの将来の可能性(および落とし穴)の概要リーダーが、ほぼすべてのビジネスにとって次の新しい世界になると信じているものへの参入を検討している年。

今日、幹部は何ができるでしょうか?

メタバースの将来はまだ不明ですが、いくつかあります経営幹部が今取れる行動:

  • 可能性を過小評価しないでください:メタバース戦略を策定しますが、テクノロジーや消費者の好みの変化に適応するのに十分な柔軟性を維持します。 消費者向け機能と企業機能の両方に「テストと学習」アプローチを採用します。
  • 長い目で見てください:与えられた主流のメタバースとそれに対応する収益の創出は数年先になる可能性が高いため、企業は投資に関する長期的な見解と、ROIに加えて消費者と従業員の関与に関するKPIを検討します。 より広範なデジタル変革アジェンダのコンテキストでの投資を検討してください。

  • オンデマンドに焦点を当て、ユーザーを動機付けるもの:組織は作成方法に焦点を当てる必要があります魅力的なコンテンツと魅力的な体験(例:独占的なパートナーシップ、ユーザー生成コンテンツツール、堅牢なデータと洞察の収集)により、共有を確立し、競争力を維持します。
  • 「責任あるメタバース」にコミットする:組織は、メタバースのさまざまな複雑さとリスク(プライバシー/セキュリティ、アクセス可能性、持続可能なエネルギー消費など)を管理し、責任あるメタバースを積極的に構築していることを確認する必要があります。消費者と従業員の信頼を効果的に維持します。