メタバースが現実になるにつれて、世界の人口はデジタルアイデンティティの形で自分自身を表現するためにより多くの時間を費やすようになります。 そして、純粋に物理的な世界からデジタルの世界へのこの移行に伴い、アイデンティティ、プライバシー、およびユーザーエクスペリエンスに関する新たなリスクと課題が発生します。

パネルセッションのプレビューで、彼はIdentiverse中に登場します。今週の会議で、Auto Group Club(またはAAA)の副社長兼CISOであるGopal Padinjaruveetilは、SC Mediaに、最もシームレスでユーザーフレンドリーな認証エクスペリエンスのために、メタバースでのID管理分散化され、統合され、動的でリスクベースであり、自己主権を持っている必要があります。

「この種のシステムを集中化できないことは間違いありません」とPadinjaruveetil氏は次のように述べています。ビデオインタビュー。 「したがって、運用されるのは2つの原則です。つまり、分散型IDになり、フェデレーションが必要になります。」

Identiverse ConferenceからのSCメディアの報道については、ここをクリックしてください。

Padinjaruveetilは、異なるメタバースを想定していましたAAAなどのヘルスケア、金融、会員組織など、さまざまなサービスのために作成されたエコシステム。他のエコシステムと一緒に。…そして、エコシステムからエコシステムに移行するときは、認証を取得し、いくつかの資格情報を渡したいと考えています。これは、信頼に基づいて構築されます。」

個人エコシステムの所有者は、状況に応じた状況に基づいて、リスクベースの認証の独自の動的バージョンを適用する必要があります。これは、可能な限り摩擦のないエクスペリエンスを作成することを目的としています。 個人のデジタルIDを所有し、各サービスプロバイダーと共有するIDデータの量を決定する権限を持っている必要があります。Padinjaruveetil氏は続けます。

「同意を得て、私は喜んで提供します。特定の目的のためにそれをあなたに」と彼は言った。 「それはこの世界の基本原則でなければなりません。それは自己主権でなければなりません。」

メタバースがどのようにアイデンティティを形成するかについてのPadinjaruveetilの考えと予測の詳細については、埋め込まれたものを見てくださいビデオ。