銘柄名31日終値⇒前日比
日本取引所グループ (T:) 2286.0 -47.5
中期経営計画を公表。

東邦瓦斯 (T:) 2725 -27
中期経営計画を公表。

スパークス・グループ (T:) 274 +5
貸借銘柄に選定される。

コーエーテクモ (T:) 4015 -155
75日線に上値抑えられ続けた結果、下放れる展開。

ERIホールディングス (T:) 1546 +231
第3四半期決算を高評価の動きに。

スマートバリュー (T:) 552 +80
EVカーシェアリング事業への期待が優勢か。

ピアラ (T:) 887 +150
D2C・P2Cの子会社設立などを引き続き期待視。

日本電波工業 (T:) 1260 +155
東海東京証券では目標株価2600円にまで引き上げ。

リンクアンドモチベーション (T:) 545 +75
人的資本に関する情報開示のガイドライン認証取得。

BEENOS (T:) 2346 +143
出資先企業のインドネシア証取上場を引き続き材料視。

大阪チタニウムテクノロジーズ (T:) 1438 +123
レアメタル関連には引き続き需給ひっ迫への期待が続く。

FPG (T:) 863 +63
海上コンテナ対象で過去最大規模のファンド組成を引き続き期待視。

SREHD (T:) 3395 +270
3月にあけた窓埋め目指す展開にも。

川崎汽船 (T:) 8020 +500
権利落ちで前日に売られた海運株には押し目買いが優勢。

西松屋チェーン (T:) 1578 +94
今期の連続営業増益見通しや自社株買いを好材料視。

エー・アンド・デイ (T:) 968 +45
岡三証券では新規に「強気」判断。

レオパレス21 (T:) 202 +9
30日の特集記事など引き続き材料視か。

名村造船所 (T:) 328 +14
大手海運株の反発の動きに追随買い。

イーレックス (T:) 1732 +65
ベトナムでバイオマス発電所を新設と伝わる。

トリドール (T:) 2540 +70
信用大幅売り長銘柄で買い戻しが優勢か。

商船三井 (T:) 3420 +145
大手海運株は権利落ち後の売り一巡で押し目買い優勢に。

王子HD (T:) 607 +19
原油高でメリット銘柄として原油先物下落を材料視。

マルマエ (T:) 2422 -336
通期予想の据え置きをマイナス視の動きに。

アイ・アールジャパンホールディングス (T:) 4355 -240
業績下方修正で22年3月期は営業減益に。

MonotaRO (T:) 2634 -257
30日にかけ連日の上昇で利食い売りが集まる形に。

スノーピーク (T:) 3305 -260
3500円レベルでは上値の重さも意識へ。

東洋建設 (T:) 775 -47
レノの保有比率低下受けてTOB価格にサヤ寄せ。

免責条項: Fusion Media would like to remind you that the data contained in this website is not necessarily real-time nor accurate.

 » 詳細へ