Investing.com - 世界の金融市場

広告なしバージョン。Investing.com をアップグレードしましょう。最大 40% もお得です。 詳細をもっと見る

株式40 分前 (2022年05月24日 17:09)

東洋建、大規模買付行為等への対応を決議 対抗措置も視野© Reuters.

[東京 24日 ロイター] – 東洋建設は24日、同社への株式公開買い付けを提案している任天堂創業家を念頭に、大規模買い付け行為等への対応方針を導入することを決議した。

新たな対応方針では、株主が十分な情報に基づいて判断できるよう、買い付け者を含む特定株主グループに所要の情報提供を求めるほか、取締役会による評価期間の設定、特別委員会への諮問などを行う。特別委員会が対抗措置発動の是非を勧告する。

対抗措置を発動する場合は、新株予約権の無償割り当てなどを行う。

任天堂創業家の資産運用会社「ヤマウチ・ナンバーテン・ファミリー・オフィス」は東洋建設に1株1000円でのTOBを正式提案している。

東洋建、大規模買付行為等への対応を決議 対抗措置も視野

関連記事 ECBは金融政策の正常化を優先する意向か

ECBは金融政策の正常化を優先する意向か 執筆: Fisco – 2022年05月24日

 報道によると、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中央銀行総裁は23日、「7月と9月のECB理事会での利上げは基本的に確定事項」との見方を示した。 また、…

 » 詳細へ