Investing.com - 世界の金融市場

株式50 分前 (2022年05月24日 17:00)

ECBは金融政策の正常化を優先する意向か© Reuters.

 報道によると、欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーであるビルロワドガロー仏中央銀行総裁は23日、「7月と9月のECB理事会での利上げは基本的に確定事項」との見方を示した。
また、ラガルドECB総裁は中銀預金金利について、9月末までにマイナス金利が解消される公算が大きいとの見通しを表明している。
ビルロワドガロー総裁は「ユーロ圏の経済成長は底堅い」、「短期的な主要な課題はインフレである」との見方を伝えている。
インフレについてはウクライナ戦争に起因する部分もあり、金融政策だけで対応できるものではないとの見方が多いが、ECBは金融政策の正常化を優先する意向のようだが、市場参加者の間からは「本格的な金融引き締めに移行する可能性は高まっていない」との声が聞かれている。

関連記事 東洋建、大規模買付行為等への対応を決議 対抗措置も視野

東洋建、大規模買付行為等への対応を決議 対抗措置も視野 執筆: Reuters – 2022年05月24日

[東京 24日 ロイター] – 東洋建設は24日、同社への株式公開買い付けを提案している任天堂創業家を念頭に、大規模買い付け行為等への対応方針を導入することを決議した。 新たな対…

 » 詳細へ